商工会には経理の専門スタッフが待機しています。
記帳に基づいた正確な経営管理を。
記帳はその日につけ、営業と家計を分けて自分で記入。面倒な帳簿づけも、記帳機械化により解放されます。

 

[月     次]

1.

総勘定元帳

2.

月次貸借対照表

3.

月次損益計算書

4.

科目別内訳表

5.

資金繰表

6.

月別損益推移一覧表

7.

月別損益比較表

8.

経営分析表

9.

消費税対象科目集計表

10.

期末整理表(決算月のみ)

11.

決算仕訳帳(   〃   )
[決     算]
1. 総勘定元帳
2. 貸借対照表
3. 損益計算表
4. 科目別内訳表
5. 資金繰表
6. 月別損益推移一覧表
7. 月別損益比較表
8. 経営分析表
9. 消費税対象科目集計表
身近なパートナーとして商工会職員が対応します

@

事業主の方は、日々の取引を伝票等に書き入れ
るだけで結構です。

A

お近くの商工会で、1ヵ月分をまとめて入力します。

B

オンラインシステムで県商工会連合会のホストコ
ンピュータにて処理しています。

C

豊富な資料が事業主のお手元へ届けられます。
●平成17年度より新記帳機械化システムに商工会では「会計王」を導入します。また、今後自主記帳をされる会員の皆様には「みんなの青色申告」を導入します。お問い合わせは商工会まで 。

国税庁

青色ネットQ&A

潟\リマチ「会計王」「みんなの青色申告」

商工会は、商工業者の皆さんが正しく記帳し、正確に経営管理をしていただくため、専門の記帳専任職員等を置き、記帳から決算まで一貫した継続指導を行っていきます。また随時、税理士等の専門家を招き、簿記講習会なども開催しています。
しかし、毎日の帳簿づけは、何かと面倒でやっかいなものです。そこで商工会では、商工業者の皆さんに代わって、コンピュータを使って月次試算表などの各種帳簿をスピーディに作成する
”記帳機械化”を行っております。